FC2ブログ

アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠


アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠


飼い主さんにとっても辛い、犬のアレルギー性皮膚炎による痒み症状を素早く緩和してくれる経口薬です。
海外販売名はアポクエルですが、日本のアポキル錠と同製品で、長期化する治療にも副作用が少なく安全です。

アポクエル5.4mgは日本国内ではアポキル錠として販売されていますが、この二つは全く同じ治療薬で、海外での商品名はアポクエルです。
本剤の有効成分はオクラシチニブと呼ばれ、1錠に5.4mg入っています。このオクラシチニブの効果は、投薬してから4時間というスピードで痒みを軽減してくれるため、まずは掻いたり、舐めたりすることによる皮膚のダメージによって傷ついた皮膚の細菌感染などの二次的な問題も軽減されます。
オクラシチニブは、アレルギー性皮膚炎などの痒み症状に大きく関与している物質のシグナル伝達を阻害します。その結果、痒みは軽減しますが免疫力を少し弱めることがあるため、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の診断をされた犬の痒みに対してのみ、獣医師の管理下で投薬が可能です。
痒みで悩んでいる犬の飼い主さんの多くは、長期に服用しているステロイド剤の副作用について不安があり、実際に副作用によって病気を発症することもあります。しかし、この治療薬は副作用も少なく、非常に安全で安定した効果が得られ、獣医師の管理下で最長1年の投薬も可能です。
アレルギー性皮膚炎の原因は様々です。犬の場合に頻繁に見られるものは、ノミアレルギーと食物アレルギーです。また、シャンプー剤やカーペット、食器や首輪、などで赤く痒みが出てしまうものに接触性アレルギー、タバコの煙や花粉などによる環境アレルギー、なども診断されるケースが多いです。これらは、この治療薬によって痒みが軽減することが期待できますが、非常に重要なことはアレルギーの原因を取り除くことにあります。
アレルギー性皮膚炎の原因は様々です。犬の場合に頻繁に見られるものは、ノミアレルギーと食物アレルギーです。また、シャンプー剤やカーペット、食器や首輪、などで赤く痒みが出てしまうものに接触性アレルギー、タバコの煙や花粉などによる環境アレルギー、なども診断されるケースが多いです。これらは、この治療薬によって痒みが軽減することが期待できますが、非常に重要なことはアレルギーの原因を取り除くことにあります。
アトピー性皮膚炎の犬に共通していることは、前肢の先をよく舐めて被毛の色まで変色していたり、腋の下や鼠径部の赤みと脱毛、慢性的な外耳炎、といった症状です。この治療薬は使用開始してすぐに犬の痒みは減少しますが、感染症に注意し、皮膚のバリア機能をアップさせるローションの併用、犬の居住空間整備、フード管理、といった総合的なアトピー性皮膚炎ケアを行うことが同時に必要です。

アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR